マッスルアクションテクニックの基本は、まずは患者さんが「痛い部分」もしくは筋肉をマッサージ
してもなかなか緩みがでてこない部分、そしてほとんど緩んでこないところなどが対象で、その部分
の拮抗筋、もしくは体表でいえば逆側にコンタクトして、運動学的に関係する関節を他動で動かしま
す。
例えば、大腿部の外側広筋周辺に痛みや筋肉の硬さがみられる場合は、その裏側に当たるハムストリ
ングスのところを軽く押圧して、股関節を屈伸運動します。これをすることにより、外側広筋自体を
触らなくても、硬かった部分が緩み、痛みも軽減します。
佐賀市整体 ボディーバランス施術院